( 7 投票, 4.00 / 5 )
Loading...

10月1日に赤城神社境内にオープンした「あかぎカフェ」。プレオープンの時に行けば閉まっていて、オープン初日に行けばランチやってないという振られ具合だったのですが、三度目の正直で今日行ったら無事入ることができました。

店内はすごく綺麗で広々としており、入口のところにはちょっとしたグッズ売り場があります。お茶を飲んでまったりしている女性客が多い中、ランチメニューの「三色赤城丼」(コーヒー付で1,200円)をオーダー。味は美味しくボリュームもあり、満足度は高かったです。

<2012年10月30日追記>

神楽坂・赤城神社内にある「あかぎカフェ」において、塩こうじ専門カフェが10月24日(水)~11月4日(日)の期間限定でオープンしていると聴き、遅ればせながらお邪魔してきました。

この「ハナマルキ塩こうじごちそう食堂」は、みそ・醸造製品メーカーのハナマルキが塩こうじの食体験の場として企画・開催したものだとか。イタリアンレストラン「リストランテ イル ギオットーネ」の笹島保弘シェフ、日本料理店「なすび亭」の吉岡英尋料理長、料理研究家の脇雅世さんという、3人のプロフェッショナルが考案した塩こうじメニューを提供されています。

どれにするか迷ったのですが、僕は「脇先生のワンプレートセット」(塩こうじグリルチキンの炊き込みご飯、海老とあさりの塩こうじ蒸し、野菜と果物の塩こうじ浅漬け、ドリンクがセットで1,300円)を注文。

同僚は「吉岡料理長のワンプレートセット」(鶏もも肉の塩こうじ南蛮漬け、豚肉とレタスのしゃぶしゃぶ 柚子塩こうじドレッシング、秋鮭の塩こうじ汁、白米、ドリンクがセットで1,300円)や、あかぎカフェを監修する水上正太シェフによる「ヒナ鶏もも肉と白いんげん豆の塩こうじ煮込みセット」(900円)を頼んでいました。

万能調味料とも呼ばれる塩こうじは、たんぱく質をアミノ酸に分解する酵素の働きにより旨みがアップするため、素材を活かした美味しい料理が出来上がるのだとか。いただいたお料理はどれも美味しく、これで健康にもいいなんて本当に素晴らしいと思いました。開催期間が短いのですが、ご近所の方にはぜひ食べてみてくださいませ。

あかぎカフェ

<2013年12月19日追記>

あいにくの天気だったので、会社から近い「あかぎカフェ」を久々に訪問。オープンから結構時間が経過しましたが、いつお邪魔しても綺麗で広々としていて居心地がいいです。ランチメニューの内容も変化していて、「あかぎレッドカレーライス」なんて新メニューがありました。お味の方はかなり本格的なので、辛いものが好きな方にはオススメですよ。

店名:あかぎカフェ
ジャンル:カフェ
TEL:03-3235-6067
住所:東京都新宿区赤城元町1-10 赤城神社内
営業時間:
 [平日] 10:00~22:00
 [土] 11:30~22:00
 [日祝日] 11:30~19:00
定休日:第1、第3の火曜日

あかぎカフェカフェ / 神楽坂駅牛込神楽坂駅江戸川橋駅
昼総合点★★★★ 4.0


文・写真:渡邉達朗


コメントをどうぞ

CAPTCHA