カテゴリー:喫茶

( 1 投票, 4.00 / 5 )
Loading...

今日は朝から土砂降りであいにくの天気ですが、お昼は先月末にオープンして以来ずっと気になっていた「マドラグ 神楽坂店」へ。こういうとき、会社から近いのは助かりますね。 分厚すぎる“ふわふわ玉子サンド”が京都で人気の喫茶店「マドラグ」。神楽坂のキュレーションストア「la kagu(ラカグ)」がリニューアルするのに合わせ、その東京第1号店が8月20日...

続きを読む »

( 1 投票, 5.00 / 5 )
Loading...

「MOJO」とは、ニュージーランドで「幸運のお守り」の意味。赤城神社の脇を抜けた急な坂道の途中に、ニュージーランド発の人気コーヒーショップ「Mojo Coffee 神楽坂店」があります。地下が焙煎所となっており、1Fがカフェ、2Fがオフィスという構成。 日本進出第1号店だけあって店内のデザインが凝っており、壁にはグリーンのカップが掛けられ、テーブルやカウンターにはニュ...

続きを読む »

( 4 投票, 4.00 / 5 )
Loading...

タリーズコーヒーがお好きな方でも、タリーズコーヒージャパンの本社が神楽坂にあることをご存知の方は少ないのではないでしょうか。「タリーズコーヒー神楽坂店」はその本社の1F、牛込神楽坂駅のすぐそばにあります。 吹き抜けのホール全体に、ソファー席やテーブル席がゆったりと配置されているこちら。会社からも近く、ソファー席に腰掛けてゆったりと快適に過ごすことができるため、かなり頻繁にお邪...

続きを読む »

( 6 投票, 4.17 / 5 )
Loading...

ローフード(生の野菜を使った料理)とビーガン(完全菜食)のヘルシーなお料理を提供するレストラン「Rejuve(レジュベ)」は、5月12日にオープンしたばかり。牛込神楽坂駅を出てすぐのところにあり、前を通るたびに気になっていました。以前はモスバーガー・クラシックがあった場所ですね。 明るくモダンな店内は広々としており、窓際にあるグ...

続きを読む »

( 2 投票, 3.00 / 5 )
Loading...

今日のランチは一年ほど前にオープンしたアート&ビストロカフェ「A point(ア・ポワン)」へ。場所は神楽坂上交差点近くの早稲田通り沿い、「カリーナ カリーナ」がある建物の2階です。ア・ポワンとはフランス語で「丁度いい」という意味だそうで、フランス料理だけでなくライブイベントなども楽しめるお店のようでした。 こちら非常に...

続きを読む »

( 1 投票, 4.00 / 5 )
Loading...

神楽坂在住の知人と久しぶりに会うことになり、話をするのに向いているお店をご存じないか訊いてみたところ、教えてもらったのがこちら「NemaruCafe(ネマルカフェ)」です。 場所は神楽坂駅と江戸川橋駅の中間くらい、赤城坂を下りていった水道町交差点そばにあります。建物の二階なのが、ちょっと分かりづらいかな……。店内は色んなデザインのテーブルや椅子...

続きを読む »

( 3 投票, 4.33 / 5 )
Loading...

神楽坂・赤城神社の参道前にいつの間にかオープンしていた「ギャラリー&カフェ 帝(ミカド)」。会社から近いのに2階にあるせいかしばらく気付かなかったのですが、本日ようやくお邪魔することができました。 店内はカウンター席と大きなテーブル席があり、窓辺には作家物の器が並んでいます。とてもモダンでお洒落な内装です...

続きを読む »

( 7 投票, 3.71 / 5 )
Loading...

昨日「SANTE」にお邪魔した際、隣に新しいイタリアンバルがオープンしているのに気付いたので、今日さっそくランチを食べに行ってきました。お店の名前は「神楽坂 CAFE BLOWS IN(ブロウズ イン)」。牛込中央通り沿い、牛込北町交差点の近くにあります。 店内はカウンター9席のみの、こぢんまりとしたカフ...

続きを読む »

( 4 投票, 2.50 / 5 )
Loading...

神楽坂駅のすぐそば、赤城神社前に最近オープンしたのがアンティーク時計と紅茶とワインの店「Perregaux(ペルゴー)」。ぶらぶら歩いているときに偶然見つけて入ったのですが、かなり変わったお店です。 アンティーク時計の収集が趣味というオーナーが開いたお店だけあって、店内にはアンティークの家具がたくさん並んでいます。昼は紅茶と軽食を提供するティールーム、...

続きを読む »

( 7 投票, 3.57 / 5 )
Loading...

「光鱗亭(こうりんてい)」は、長年神楽坂に居を構え、太宰治「斜陽」をはじめ、川端康成や三島由紀夫といった昭和を代表する作家の初版本の装丁を手がけた画家・岡村夫二の雅号。そのアトリエは現在、古き面影を残しつつ「神楽坂・光鱗亭ギャラリー」として再建されています。 ...

続きを読む »