( 2 投票, 4.50 / 5 )
Loading...

osoba dining もが

osoba dining もが

osoba dining もが

osoba dining もが

osoba dining もが

osoba dining もが

osoba dining もが

日本で一番オシャレな神社と噂される赤城神社は神楽坂のシンボル。その神社横にある赤城坂を降りて行くと、先月オープンしたばかりの「osoba dining もが」があります。

オーナーの最上はるかさんは、ミシュランの星を獲得した名店として知られる「蕎楽亭」の長谷川店主の愛弟子。近くにある本店「蕎楽亭もがみ」は最上さんの出産・育児の関係で休業中ですが、ここはその支店にあたるようです。お昼のあいだはこちらにいらっしゃるそうで、午後3時くらいまでは大丈夫とおっしゃっていました。

表の看板に「ガレットとおそばのカフェ gallet cafe もが」と書かれているとおり、メニューを見るといろんな種類のお食事ガレット以外に、デザートスイーツガレットや、そばの実サラダやアイスなども選べるようになっています。

フランス北西部の郷土料理であるガレットはそば粉で焼いたクレープのことを指しますが、こちらでは和製ガレットを目指し、会津産のそばを自家製粉し、野性味・穀物感を感じられるようにこだわっているとのこと。今日いただいた「鴨のガレット」も、鴨ローストの下には野菜とキノコの炒めものがたっぷり入っており、ボリューム満点でとても美味しかったです。

「コンプレットガレット」「スモークサーモンのガレット」「生ハムのガレット」「ソーセージのガレット」はどれも600円ほどで、300円プラスするとスープやサラダがセットになります。スイーツが好きな方には「キャラメルソースのガレット」や「蜂蜜とクリームチーズのガレット」「究極のほろにがカラメルガレット」「ジェラートそばガレット」などがあり、一部テイクアウトもOKなようでした。

もちろん、毎日蕎麦を打っている最上さんの店ですから、「ざるそば」もちゃんとメニューに載っています。そば本来の持つ甘みを引き出した逸品を久しぶりに食べられて幸せでした。最後におすすめメニューの「そば茶ラテ」をいただき、芳醇な香りを満喫してお店を後にしたのですが、ぜひまた訪れて美味しい蕎麦をいただきたいと思います。

店名:osoba dining もが
ジャンル:蕎麦
TEL:03-4296-3477
住所:東京都新宿区赤城下町11-1
営業時間:11:45~15:00
定休日:日曜日
オープン日:2017年9月20日

オソバダイニング もがそば(蕎麦) / 神楽坂駅牛込神楽坂駅江戸川橋駅
昼総合点★★★★ 4.5


文・写真:渡邉達朗


コメントをどうぞ

CAPTCHA