カテゴリー:寿司

( 2 投票, 4.50 / 5 )
Loading...

鮨・酒・肴 杉玉 神楽坂店

神楽坂・毘沙門天善國寺の正面という素晴らしい立地に、日本酒と寿司を堪能できる居酒屋「鮨・酒・肴 杉玉」が3月30日にオープンしました。スシローグループの新業態となる「杉玉」は、同グループの仕入れ力や商品開発力を生かした鮮度と味、見た目にもこだわったお寿司を提供していくとのこと。 看板の下には造り酒屋などの軒先に吊り下げる杉玉を配置。オープンしたての店内...

続きを読む »

( 2 投票, 3.00 / 5 )
Loading...

すし ふくづか

神楽坂らしい風情が感じられる兵庫横丁の石畳。その一番奥でカウンター7席のみの小さな鮨屋「すし ふくづか」が3月3日にオープンしました。神楽坂で深夜のみ営業するラーメン店「中華そば まる田」店主の藤森大輝さんと、六本木などの寿司店で腕を磨いた福塚寛希さんが開いた同店。先日「かずまちゃんラーメン」を訪れた際にこちらのお店を...

続きを読む »

( 1 投票, 4.00 / 5 )
Loading...

手打ちそば処 かね田 宝庵

明治43年創業の神楽坂の名店、大阪寿司で有名な「大〆」が今年7月に閉店した跡地に、親戚筋のかつおぶし問屋が直営する日本蕎麦店「手打ちそば処 かね田 宝庵」が11月25日オープンしました。壁には「大〆」のメモリアルプレートも飾られています。 お店の場所は異国情緒あふれる「ボルゴ大〆」の一階右奥。「ジェラテリ...

続きを読む »

( 3 投票, 4.67 / 5 )
Loading...

日本橋海鮮丼 つじ半 神楽坂店

「日本橋海鮮丼 つじ半」は、個人的に大好きな人気つけ麺店「めん徳 二代目 つじ田」の辻田店主と、人気天丼店「日本橋天丼 金子半之助」の金子店主が共同で立ち上げた海鮮丼のお店。中学校の同級生であったお二人は、一緒に店を構えるという夢を2012年に実現させ、今も日本橋の行列処として君臨し続けています。 その「つじ半」の神楽坂店が最近オープンしたとのことなの...

続きを読む »

( 6 投票, 4.50 / 5 )
Loading...

神楽坂駅から会社に向かう道の途中にある店で、前から気になっていた寿司屋「吟遊(ぎんゆう)」でお昼をいただいてきました。本当の店名は「鮨・肴・銘酒・銘酎 無双の隠れ家 大黒鮪のすし茶屋 吟遊」という長~い名前だとか……。 すっごく高そうなイメージがあったのですが、ランチなら何とか頼めそうな価格帯です。メニューが豊富で目移りしますが、お手軽な丼ものから「三種炙り丼」を頼んでみまし...

続きを読む »

( 2 投票, 4.00 / 5 )
Loading...

同僚と二人、昼に何を食べようか考えながら本多横丁を歩いていたところ、「新富寿司(しんとみずし)」には入ったことが無いのを思い出しました。こちらは創業50年の老舗なのですが、ランチタイムは若い職人の方が切り盛りしておられ、握りもリーズナブルなお値段で提供しておられます。 店内はアットホームで、とても雰囲気がよいです。お昼の献立も豊富で、「ちらし」(900円)、「にぎり」...

続きを読む »

( 3 投票, 3.67 / 5 )
Loading...

2009年から文京区水道にて、お豆腐屋さんの古い一軒家を改装して営業されているのが、完全紹介制・完全予約制の鮨店「酢飯屋」さん。お昼は名前を変え、「水道カフェ」として週替わりのランチを提供されているとのことで、本日お邪魔してきました。 外観はカフェなのですが、奥には民家の居間のような落ち着いた空間が見えます。夜はあそこでお食事がいただけるのでしょうね。...

続きを読む »