( 1 投票, 4.00 / 5 )
Loading...

鉄板焼 六

鉄板焼 六

鉄板焼 六

鉄板焼 六

鉄板焼 六

鉄板焼 六

鉄板焼 六

鉄板焼 六

神楽坂・本多横丁にある「鉄板焼 六」は隠れ家的な鉄板焼店。オーナーの出身地である神戸からプリプリのタコ、味の濃いネギ、ソースによくなじむソバ、そしてお好みソースを仕入れて提供しています。一番の自慢はシェフ自らが厳選している特選黒毛和牛のお刺身やステーキ。

先日本多横丁を歩いている際、こちらの「ソース焼そば 目玉焼盛り 600円 大盛り無料」の立て看板が目に留まりました。いつからかは分かりませんが、ランチ営業も始められていたようです。その日はすでにお昼を食べ終わっていたのでそのまま通り過ぎましたが、どうにも気になったので本日同僚といっしょに訪れてみました。

階段を登って二階のお店に入ると、奥に鉄板を囲む形でL字型のカウンター席があり、手前がテーブル席というレイアウトになっています。卓上のメニューに詳しく記載されていたのですが、こちらの焼きそばは神戸長田名物の「ぼっかけ焼きそば」なのだとか。「ぼっかけ」とは牛スジとコンニャクを醤油や味醂などで甘辛く煮た料理のことで、食料不足の戦後に神戸の下町長田で考案されたのが始まりとされています。

他に「豚ソース焼きそば 目玉焼き盛り」(600円)や「オムそば」(750円)も選べるようでしたが、今日は東京では珍しい神戸長田名物をぜひ食べてみたくなったので「ぼっかけ焼きそば 目玉焼き盛り」(600円)を大盛りで注文しました。ちなみにランチは前金制です。

カウンター席だとシェフのパフォーマンスが見えるのが嬉しいですね。目の前でジュウジュウ音を立てて焼きそばが作られていくのは、お祭りの屋台を思い出したりしてワクワクします。途中からソースの香ばしい香りもただよってきて、ますます早く食べたい気持ちが高まってきました。

5分ほどで、お皿にも盛られた「ぼっかけ焼きそば」が完成。やや細めの麺と甘辛いソースの相性は抜群で、目玉焼きや青ネギ、青海苔、魚粉などがいいアクセントになっており、とても美味しかったです。これで600円は神楽坂だとリーズナブルだと思いますし、テイクアウトもできるようなので気になる方はぜひ食べてみてください。

店名:鉄板焼 六
ジャンル:鉄板焼き、ステーキ、居酒屋
TEL:03-3260-6999
住所:東京都新宿区神楽坂3-2-56 長谷部ビル2F
営業時間:
 [月〜金] 17:30〜02:00 (L.O.01:30)
 [土日祝] 17:30〜24:00 (L.O.23:00)
休日:日曜日
席数:16席

鉄板焼 六鉄板焼き / 飯田橋駅牛込神楽坂駅神楽坂駅
昼総合点★★★★ 4.0


文・写真:渡邉達朗


コメントをどうぞ

CAPTCHA