( 1 投票, 4.00 / 5 )
Loading...

L'HABITUDE(ラビチュード)

L'HABITUDE(ラビチュード)

L'HABITUDE(ラビチュード)

L'HABITUDE(ラビチュード)

L'HABITUDE(ラビチュード)

L'HABITUDE(ラビチュード)

L'HABITUDE(ラビチュード)

牛込神楽坂駅・柳町駅のちょうど真ん中ぐらいにある「L’HABITUDE(ラビチュード)」。“東京で一番敷居の低いフランス料理店”と謳う同店は、青い建物と大きなフランスの国旗が目印。神楽坂にあったミシュランビブクルマン獲得の名店「ル・ロワズィール」出身のシェフ・鈴木氏が譲り受けたお店です。

神楽坂にありながらリーズナブルな価格設定で、フランスの郷土料理やジビエなど様々な創意工夫あふれる料理を提供しているこちら。名物はフランス伝統料理「鴨もも肉のコンフィー」。ボルドー地方を中心に古くから食されている家庭料理で、85℃のガチョウ脂で3時間ゆっくり火を入れたお店のスペシャリテなのだとか。

ランチメニューは前菜とメインディッシュが選べる「ビジネスコース」(1,000円)、前菜とメインディッシュに加えデザートと飲み物も選べる「ラビチュードコース」(1,500円)、さらに前菜の一皿として「夜の人気前菜」や「シェフおまかせのお魚料理」も選べる「よくばりコース」(2,100円)という3種類から選べるようになっています。

どのコースも魅力的でしたが、今日は「ラビチュードコース」を選択。前菜は「青森県産 ブリのカルパッチョ」、メインディッシュは「鴨のコンフィー」(+864円)、デザートは「洋ナシの焼きプリン」とコーヒーをいただくことにしました。

綺麗に盛り付けられた「ブリのカルパッチョ」は鮮度抜群で美味。あたたかいパンとの相性も抜群です。名物の「鴨のコンフィー」はさすがの美味しさ。ジューシーで柔らかい鴨肉はうま味たっぷり、オーブンでパリッと焼かれた皮目も絶品。洋梨のコンポートを中に入れて焼きあげたプリンも上品な味わいで大満足でした。

前菜・メインディッシュともに種類が多く、同僚が頼んでいた「鴨と豚肉のリエット」や「子羊のクスクス」もすごく美味しそうでしたので、気軽に訪れていろいろ頼んでみるのが楽しいと思います。

店名:L’HABITUDE(ラビチュード)
ジャンル:フレンチ
TEL:03-3260-8784
住所:東京都新宿区南山伏町3-5 ウインコート神楽坂 1F
営業時間:
 【火~金】11:30~15:30 (L.O.14:00)
 【火~日】18:00~23:00 (L.O.21:30)
 【土・日・祝】11:30~16:00 (L.O.14:30)
定休日:月曜日
席数:28席
オープン日:2013年2月26日

ラビチュードフレンチ / 牛込神楽坂駅牛込柳町駅神楽坂駅
昼総合点★★★★ 4.0


文・写真:渡邉達朗


コメントをどうぞ

CAPTCHA